今なら【AmazonPrime学生版】30日→6か月間の無料体験から

山口県の高校野球強豪,名門校【甲子園,プロ野球選手になる観点】




中国地方の高校野球

山口県で高校野球をしようと考えている君へ!山口県出身の私がどこよりも詳しく解説します。どこの高校の野球部に入れば甲子園やプロの夢に近づけるのか。強豪から古豪まで、プロや甲子園を山口で目指すならおすすめの高校を4校紹介したいと思います。

山口県の高校野球の特徴

画像

かつては公立王国(公立校が甲子園によく出る)と言われていたがここ5年間で大きく変化した。山口県でも私立高校が頭角を示してきた。

年度春の選抜回数夏の選手権回数
2021下関国際高川学園
2020中止※高川学園
2019なし宇部鴻城
2018下関国際下関国際
2017宇部鴻城下関国際
2016南陽工高川学園
2015宇部鴻城下関商
2014岩国岩国
2013岩国商岩国商
2012早鞆宇部鴻城
2011なし柳井学園
ここ10年の山口県の甲子園出場校 ※は独自大会

ここ5年の甲子園の出場校は宇部鴻城、高川学園、下関国際が占めています。特徴としては、超高校級の存在が皆無で高卒プロはあきらめる必要があります。いい大学に行ってプロを目指すのが得策だと思います。甲子園は比較的どこの高校からも狙えるチャンスがあり、努力次第でどこにもチャンスがあるということができるでしょう。

上手い選手はすぐに有名な選手になれるぞ!

高川学園

画像
学校名高川学園高等学校(私立中高一貫)
監督名松本祐一郎
甲子園出場回数春1回/夏2回
主なOB高木豊(元プロ)
山野太一(ヤクルト)
椋木蓮(東北福祉大)

甲子園に行ける度

5段階評価の星印マーク(4)

プロになれる度

5段階評価の星印マーク(2)

おすすめ度

5段階評価の星印マーク(3)
  • ここ5年で2度の甲子園出場
  • 西日本最大級の野球設備
  • 去年プロ野球選手を輩出

高川学園の野球

ノーサイン野球

高川学園はノーサイン野球をしている。選手たちで自ら考えて、ランナーを進めるバントや盗塁などを行っている。つまり相手チームからしたら何をしてくるかわからないのだ。例えば

選手の意志で盗塁→打者がヒッティング=結果エンドラン

となったり、選手は自分でできると判断し盗塁やバントをしてくるため、成功率も高いのが特徴です。一方で高川学園で試合に出るためには、高川学園のノーサイン野球を理解して実践できる選手でないと厳しいそうです。小技や野球センス輝く選手でないと活躍することは難しいだろう。

  • 考えることができる選手

高川学園の強み 設備

  • 全面人工芝のグラウンド
  • 室内練習場完備
  • 野球部寮もある
  • トレーニングルーム

高川学園のグラウンドは全面人工芝の野球部専用球場がある所です。

引用:高川学園ホームページ/硬式野球部
引用:高川学園過去ブログ

高川学園からプロに行くには

山口のレベルの低さからプロに行くのは非常に難しい。そのため高川学園出身で昨年ヤクルトから2位指名を受けた山野太一がプロに行ったように

高川学園→東北福祉大

のルートに乗ることが必須だろう。今年のドラフトの目玉椋木蓮もそのルートで歩んでいる。昨年好選手で評判だった大内海斗(内野手)もその出世コースを歩んでいるので今後の活躍が楽しみである。

  • 高川学園→東北福祉大のルートに乗る

高川学園の進路先

基本的に野球で活躍することができないといい大学に行くことは厳しい。基本的にスポーツだけしておけばいいスポーツ高校なので、補欠は勉強しておかないといい大学に進学することは難しいだろう。いわゆるFラン大学に進学するケースが多い。

  • 進学先はあまり良くない

宇部鴻城

Image

甲子園に行ける度

5段階評価の星印マーク(4)

プロになれる度

5段階評価の星印マーク(1)

おすすめ度

5段階評価の星印マーク(3)
学校名宇部鴻城高等学校
監督名尾崎公彦
甲子園出場回数春3回/夏2回
主なOB上西嵐満(JFE西日本)
上田力也(上武大)
中村恵吾(元ソフトバンク育成)

宇部鴻城の野球

練習量×忍耐

宇部鴻城は県内トップクラスの練習のキツさで有名です。練習の成果を証明するかのように、体つきの圧倒的ゴツさで相手チームを威圧します。また甲子園でも強豪校と体つきは見劣りしません。キツい練習に耐えれる忍耐力が必要になってきます。

  • 山口県出身が多く、応援されやすい!

練習はとにかくハード。冬練ではタイヤが友達になるのだとか…

寮はあります!ただし人数制限があり、遠くの人から優先していれるのだとか…

宇部鴻城からプロに行くには

宇部鴻城からプロに行くには高卒では難しいので大学や社会人を経由していく必要があります。最近では

  • 嶋谷将平 宇部鴻城→JR西日本
  • 上西嵐満 日体大→JFE西日本

などが成功例であり、圧倒的実力で社会人に行きプロを目指すか、日体大のルートでプロを目指すがどちらかである。

  • 日体大からプロを狙う

宇部鴻城進路先

宇部鴻城は進学先はそれほど良くない。大学でもスポーツ大学やFラン大学への進学先が多くなっている。良くて修道大や福岡大といったところである(特進クラスで)。野球で頭角を現し日体大に進学するのがMAXの進学先なのではないだろうか。一方で工業科もあり就職する人も多い。

  • 野球のキャリア面が惜しい

下関国際

画像
学校名下関国際高等学校
監督名坂原秀尚
甲子園出場回数春2回/夏2回
主なOB鶴田 克樹(東京農業大)
濱松晴天(東海大)
木村大輝(東海理化)
宮崎敦次(元ロッテ)

甲子園に出れる度

5段階評価の星印マーク(4)

プロになれる度

5段階評価の星印マーク(1)

おすすめ度

5段階評価の星印マーク(2)

下関国際の野球

県外勢×アスリートコース

名前位置出身中学中学所属
1古賀 康誠投手2福岡 高須中学校北九州若松アンビシャス球団
2守 優雅捕手3福岡 香椎第二中学校福岡ペガサス
3山川 太陽内野手3広島 横路中学校東広島シニア
4森 凜琥内野手2大阪 新池中学校泉佐野シニア
5賀谷 勇斗内野手2広島 白岳中学校呉中央シニア
6仲井 慎内野手2兵庫 加西中学校兵庫北播シニア
7片桐 優介外野手3山口 長府中学校下関ホエールズ
8赤瀬 健心外野手2大阪 松原第二中学校羽曳野ボーイズ
9水安 勇外野手2山口 黒石中学校宇部ボーイズ
10山下 世虎控え2和歌山 高野口中学校和歌山北ボーイズ
11長 琉之介控え3福岡 照葉中学校福岡ペガサス
12井藤 陸斗控え2広島 広中央中学校広島瀬戸内シニア
13橋爪 成控え2兵庫 加西中学校兵庫北播シニア
14松本 竜之介控え2広島 大洲中学校東広島シニア
15那波 賢人控え2兵庫 河合中学校兵庫三木シニア
16松谷 徹平控え1大阪 縄手南中学校大阪中央シニア
17染川 歓多控え2広島 熊野東中学校東広島シニア
18松尾 勇汰控え2福岡 田原中学校八幡ボーイズ

今年の春の県大会のメンバーである。山口県出身は2名しかおらず、あとは

広島5名

福岡4名

兵庫3名

大阪3名

和歌山1名

のメンバー構成になっている。ここ最近甲子園出場回数も増え、監督も

『文武両道はありえない』

という発言を2017年夏に残し話題となり、野球だけに本気で打ち込むというということが伝わってくる。アスリートコースも2020年から開講し、週3回午前で授業を打ち切り部活動に専念できる環境が広がっている。『野球を極めたい!』『甲子園に確実に出たい!』という人が集まっている。県外勢と山口県の有望選手が下関国際でみっちりと鍛え上げられた野球が特徴。投打で山口を圧倒する。

アスリートコースは、硬式野球に特化したコースです。厳しい練習に打ち込む仲間と切磋琢磨し、「球道即人道」をモットーに優れた人間力の育成を図り、進路実現を目指します。週3日、午後を活用した本校独自の科目「スポーツ探究」を部活動に繋げて、「心・技・体」揃ったトップアスリートの育成に取り組んでいきます。

引用:下関国際高等学校ホームページ/コース紹介/アスリートコース

2019年12月完成した野球部寮。グラウンドに近く練習に打ち込める。4人1部屋が20室ある。

普通科 アスリートコース – 下関国際高等学校
引用:下関国際高等学校ホームページ/コース紹介/アスリートコース
  • 野球に本気で取り組める環境

下関国際からプロに行くには

いままで1人しかプロ野球選手は輩出していないが、これから野球に特化し、甲子園でも活躍することで高卒プロの道も開けるかもしれない。今後も山口の高校野球ファンには記憶に新しい鶴田克樹(2018年卒→東京農業大)濱松晴天(2018年卒→東海大)木村大輝(2019年卒→東海理化)など楽しみな選手が多い。

  • 野球で芽を出せばチャンスはある

下関国際の進路

野球で出世すれば進路先はいいが、出来なければ本当に良くない。Fラン大学に進学するか、スポーツ大学に進学するかのどちらかである。野球で芽を出すしか残された道はない。

  • 大学進路先は悪い

歴史も浅く、野球だけのチームになると進学先が悪くなるのが一般的です。

宇部商業

画像
学校名宇部商業高等学校
甲子園出場回数春7回/夏12回
主なOB上本達之(元西武)
嶋村一輝(元DeNA)
宮崎佑太(鷲宮製鉄所)

甲子園に出れる度

5段階評価の星印マーク(2)

プロになれる度

5段階評価の星印マーク(1)

おすすめ度

5段階評価の星印マーク(4)

宇部商業の野球

ミラクル宇部商×古豪

かつて次々と甲子園で勝っていく姿を見て人々はミラクル宇部商と呼んだ。今はその全盛期の姿がなく、ここ5年は2017年夏の4強が最高成績となっています。根強い宇部商ファンの人も多く、山口県で1番応援される高校と言っても過言でもありません。古豪復活を誰もが心待ちにしています。

  • 好投手×打撃力

宇部商業からプロに行くには

宇部商業で高卒プロはなかなか厳しいと思います。こちらも大学社会人経由でプロを目指す必要があります。現在宮崎佑太(宇部商→法政大→鷲宮製鉄所)田中未来(宇部商→九州国際大)活躍が著しい。今後にも期待できる選手たちです。

  • 大学、社会人から目指す

宇部商業の進路

商業高校のこともあり、就職する人が多いが、半分には満たないが大学進学する人もいる。大学の進路先は先ほど紹介した3校よりは良く国公立大への推薦も可能。また野球で活躍すれば法政大学福岡大学など有名私立大学も狙える。野球がだめでも頭の良い高校なので、地元優良企業(山口FG、宇部興産、山口合同ガス)にも就職可能。卒業後のキャリアや野球キャリアも幅広くお勧めな高校です。

  • 野球がだめでも逃げ道確保できる

まとめ

おすすめから選ぶ甲子園に出場できるランキング

  1. 下関国際
  2. 高川学園
  3. 宇部鴻城
  4. 宇部商

山口県はレベルが突出したチームがなく、どこでも甲子園を目指せる環境があります。公立王国と呼ばれ、公立校の甲子園出場が多いことでも有名です。野球留学で地方に来るのもいいと思いますし、山口の選手が山口の高校に進学し高校野球を盛り上げてくれたらうれしい限りです。それではまた👋

コメント

タイトルとURLをコピーしました