今なら【AmazonPrime学生版】30日→6か月間の無料体験から

【大学野球】松山大学7年ぶり神宮大会出場&注目選手紹介




大学野球

松山大学が神宮の出場が決まった。7年ぶりの快挙であり、悲願だった。

松山大学は神宮出場28回を誇る強豪であり、今回優勝して29回目となった。四国リーグでトップの優勝回数を誇る古豪復活が期待がかかる。

神宮での1勝をつかみ取ってほしいと私は願う。

この記事を読んでほしい人

☑大学野球が好き

松山大注目選手を知りたい

☑松山大学、愛媛大学生

☑マニアック野球オタク

松山大学注目選手

松山大学にも好選手がそろっている。

全国でどのくらい通用するかは未知数であるが、地方に眠るダイヤモンドの原石を発掘できる可能性もある。

スカウトの腕の見せ所でもあり、大学まで野球を続けていることもあり、それなりに”個性”を持った選手が多いと私は見ている。

私が注目選手はこの4人だ!

菊池 来樹 

安定感抜群の絶対的エース。リーグ30勝にも期待がかかる。

176cm 85kg 左・右 背番号18  3年生

投手 MAX140km  球種 スライダー カットボール ツーシーム チェンジアップ カーブ

出身校 宇和島東(愛媛)

春成績 5勝0敗 防御率2.36

選手特徴

宇和島東高校時代から注目度の高かった技巧派左腕。

MAX140kmとスピードは出ないもの、球のキレとカットボールとツーシームで球を動かし、打たせて取るのが魅力の投手。

決め球はチェンジアップとストレート。どちらも同じ腕の振りから繰り出されバッターは困惑する。

練習熱心なこともあり選手や監督からの信頼も厚く、チームの絶対的エース

彼が先発する試合はテンポが良いため、野手もよく打ちます。(私の感覚)

大崩れすることもなく、全国でも試合を作ってくれるでしょう。

勝てる投手とはまさに菊池のことです。どんなに調子が悪くても試合を作れます。全国で実力を十二分に発揮してもらいたいです。

田中 竜太 

四国リーグでは盗塁ができないと評判。全国でどこまで通用するか楽しみな選手

172cm 78kg 右・右 背番号22  4年生

捕手  セカンド送球 1.8秒

出身校 防府商工(山口)

春成績 打率0.364 本塁打0 打点4 盗塁2

選手特徴

武器はセカンド送球、1.8秒も記録する彼の肩にはだれもが盗塁できないでしょう。

関西学生リーグの足の速い人はぜひ盗塁をよろしくお願いいたします。

打撃では6番に座りポイントゲッターとして勝負強い打撃を披露している。

四国選抜や昨秋のリーグ戦では3番を務めたことから、打撃にも定評のある強打者である。

年下の投手陣を引っ張る最上級生の捕手は、打たれたら自分の責任だと本気で思い、経験の浅い投手陣をうまくリードしている。

チーム内では練習の虫と言われており、毎日ストイックに練習に励んでいる。

初の全国の晴れ舞台。彼の活躍には目を離せない。

監督からは負けたらお前の責任だと葉っぱをかけれているみたい

それだけ期待されているんだね

古森 響太

不動のリードオフマンとして打線を引っ張ている

173cm 73kg 右・右 背番号6  3年生

ショート

出身校 小松(愛媛)

春成績 打率0.318 本塁打0 打点7 盗塁2

選手特徴

1秋からショートのレギュラーに定着し、その年に首位打者を獲得。

一度もリーグで3割を切ったことがなく、最も計算できる不動のリードオフマン

柔らかい打撃でセンター中心にライナー性の打球を打ち放つ。

守備の安定感と守備範囲の広さは1級品であり、全国でも軽快な足取りでさばいてもらいたい。

隙あらば走り、バントも得意。どこのチームの監督も彼のことを使いたいと思うであろう。

初の神宮の舞台でどこまで彼の実力が通用するのか、目が離せない。

彼の低く伸びる打球は非常に興味深いです。

神宮での1本に期待やな!

大西 立真 

四国では敵なしな選手。今シーズンでは足でも魅せている

165cm 75kg 右・左 背番号1  3年生

センター

出身校 大手前高松(香川)

春成績 打率0.529 本塁打0 打点5 盗塁7

選手特徴

高校時代から注目度の高かった逸材。

今シーズンの成績は、打率1位、安打数1位、盗塁2位、出塁率1位と、もはや群を抜いている。

彼の武器は制球眼であり、ボール球に手を出すことがない。それでもって好球必打を実践しており、甘い球はHRも打てる打力ありけり。

広角に打ち分け、足も速い。今シーズンは飛躍のシーズンとなっている。

ポジションは外野手だが、内野手として2年生の時は出場があることから、内野もできるであろう。

彼の活躍次第では、内外野できる足の速いユーティリティープレイヤーとして、スカウトも興味を示すのではないだろうか。

強打の2番打者として打線を引っ張る大西が実現すれば、松山大学の大金星も夢ではなくなるであろう。

まとめ

四国リーグはレベルの低さで有名であるが、2020年、水上 由伸 投手(帝京第三→四国学院大→西武育成5位)が育成で指名されて、半年かからず支配下登録された。

他にも高知工科大の新宅 真弥が日本代表合宿に召集された。

このように個人として見ると光り輝く選手も出てきだした。

四国リーグもプロのスカウトから、いい意味で見直されていると思っている。

水上投手にはもちろん四国リーグを背負って活躍を願っている。

それ以上に紹介したこの4人の活躍と1回戦関西学院大学への勝利を願いこの記事の締めくくりとする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました