今なら【AmazonPrime学生版】30日→6か月間の無料体験から

高校野球後悔しない高校選びのコツ




高校野球

野球に青春を打ち込もうとしている野球少年とその親子へ。高校野球どこでやるべきなのか、どのようにすれば、高校を卒業する際、後悔のない選択ができるのか。私がそのポイントやコツをお伝えいたします。

高校の選び方のコツ

高校野球の目的をはっきりさせる

高校野球をする目的は人それぞれ違ってきます。

例えば…?

甲子園にでるために名門校に進学するのか、それとも野球も勉強も恋愛もそつなくこなし、高校生活をエンジョイするのか。それとも勉強優先で野球は勉強の二の次なのか。

つまり、優先順位をつけて高校を選べば、3年間納得した野球人生と高校野球生活を送る事ができます。

高校の選び方

  1. 上のレベル(甲子園やプロ)を目指す場合
  2. 自分がレギュラーで試合に出たい場合
  3. 勉強の方が野球より大事な場合

人それぞれあると思いますが、今回はこれらを例に挙げて1つずつ解説していきます。

上のレベルを目指す場合

サンフランシスコ、カリフォルニア、ジャイアンツ、野球、Tパークで

上のレベルを目指す人。どうぞ目指してください!

ただし、

自分の技量によって、その待遇(扱い)が全く異なることを想像しておく必要があります。

わかりやすく言うと名門校にめっちゃ下手くそが行くとそれは試合に出ることができません。

これはガチでお世辞抜きにも出られません。

引退試合で1打席もらえるかもらえないかそのようなレベルになります。

中学時代たくさんの高校から推薦をもらった場合

野球、ゲーム、打者、スポーツ、競技、チーム

自分の技量と目的に合わせて高校を選んだ方がいいと思います。

例えば、あなたは今の強いチーム(中学名門)で3番打者を任されているなら、強豪校や名門校でも十分にレギュラー争いに加われるでしょう。

JAPANに選ばれているとどこのチームでも即戦力クラスだと思います。

どこに行っても努力を続ければ、上のレベルを目指せ、監督やコーチからも気に入られるでしょう。

たくさん試合にも出ることができ、納得のいく高校野球を送ることができます。

結局上手い人はいい扱いや良い待遇を受けることができます。なぜなら、あなたが怪我をするとチームは困るからです。(負ける)

チームは強くないが、地元では有名選手の場合

その選手のレベルにはよりますが、基本的に強豪校ではベンチ入りやレギュラーを狙える可能性があります

一方で名門校には

あなたが、想像した以上の選手がゴロゴロいるので、厳しくなります。

入学してからも努力できる選手なら可能性はあります。ただし、努力しても、必ずレギュラーになれるわけではありません。

補足

部活の県大会にも出られないような選手や、あまり強くないチームの下位打線を任されている選手。

また、投手では、2番手以下の選手は、強豪校や名門校に進学するとレギュラーまでの道のりは、かなり厳しくなると予測されます。

名門校や強豪校では指導者が育てるのが上手い高校が多いので、もしかしたら化けるかもしれません。

どこからも呼ばれていないが上のレベルで野球をやりたい場合

私です。(笑)

名門校や強豪校でのレギュラーはとても厳しくなります。またベンチ入りすら難しい状況です。

どんなに苦しくても腐らず頑張り続ける根性が大事になります。

この覚悟があれば、下手くそでも名門や強豪でも充実したものになります。

自分がレギュラーで試合に出たい場合

自分の技量と高校の強さ照らし合わせる

シンプルに強豪校、名門校でレギュラーになるためには、

あなたが、県大会優勝や、ボーイズやシニアで有名な選手なら確実とは言えませんが、レギュラーになれる可能性は高いでしょう。

しかし

レギュラーになりたいのなら基本的には強豪校や名門校は避けた方が良いでしょう。

レギュラー争いが激しく、下からもどんどんうまい選手が入ってくるからです。

ここなら試合に出れそうだと感じる公立高校や推薦がきた私立高校がおすすめです。

レギュラーにこだわるなら確実に試合に出れるでしょう。

野球より勉強の方が大事な場合

本、スタック、文学、知識、教育、学校

頭のいい高校にいきましょう。

野球が強いと呼ばれる高校や有名監督が率いるチーム(公立私立問わない)は練習が厳しいがケースがほとんどです。また練習が長かったりします。

このような高校に入学すると、勉強に支障がでます。

公立高校の進学校に入学すれば、勉強中心に高校生活を送る事ができるでしょう。

1番大事なこと

自分が行きたい高校にいくこと

直感を信じてください。

その高校にどんなに悪い噂やお前はレギュラーになれないと言われてもたとえそこが強豪校や名門校だとしても、本当にそこに行きたいのなら行くべきです。

後々行けばよかったと後悔するのが1番もったいないです。

正直なんとかなります。

親に行けと言われているからその高校に行くもNGです。

結局そういう人は、悪く行ったり上手く行ってないときに『親のせい』にして逃げます。

このような人は成長しないし、自分で決断できない人になります。

自分の意志を尊重しましょう!

私も絶対無理だと言われていましたが、名門校に進学し、3年間ベンチ外でした。

しかし、今思うのは、自分が行きたい高校に行けて、3年間本気で野球に取り組めたのがいい経験になっています。

中学生の時ビビらず決断できてよかったなと思っています。

まとめ

1番大事なことは、何度も言いますが、

あなたが1番いきたいと思う高校に行く

人任せにしない。自分の意志を持つ。このことができれば、絶対後悔しない高校選びができます。

また上手く行っても行かなくても自分のせいだと考え、成長することができます。

今回は高校野球をする目的をはっきりさせることが重要だということと、名門や強豪では安易にレギュラーにはなれないことを知ってほしいと思い書きました。

納得のいく高校選びができたら幸いです。

それではまた👋

コメント

タイトルとURLをコピーしました