今なら【AmazonPrime学生版】30日→6か月間の無料体験から

【プロ野球】交流戦最終戦小林誠司今シーズン初〇〇〇!




プロ野球

6/13日曜日。ロッテ戦に9番捕手として6日ぶりに出場を果たした小林誠司。

先発は菅野。G党大好き”スガコバ”

今シーズン二度目のスタメン出場を果たした。今シーズン初ヒットはあったのか?

この記事を読んでほしい人

☑G党

☑スガコバ推し

☑小林誠司が好き

今日のスタメン

交流戦最終戦となった巨人本日のスタメンです。

小林一打席目

一打席目は初球、見逃し、二球目カットボールであっさり追い込まれた小林。30秒以内に追い込まれた。

三球目は大きく外に外れてボール。

四球目は外から入れてきたカットボールをひっかけぼてぼてのサードゴロ。

タイミングは外された結果だが、見逃し方などは悪くなかったぞ。

二打席目

小島との二打席目の対決。

初球は外まっすぐにファール。二球目インコースまっすぐ見逃し。あっさり追い込まれてしまう。

三球目チェンジアップ。ストライクからボールの良い高さだったが小林しっかり選ぶ。

四球目一個分外れてインコースボール!五球目は高く外れてボール。

カウント3-2からの六球目。甘く入ったストレート左中間フェンスショートバンドで当てるツーベースヒット!!小林今シーズン初ヒットおめでとう!!

出場機会は増えるか?

ヒットを打った小林誠司、しかし七回表無死1,2塁で代打を送られてしまう。代打広岡結果三振。

巨人の選手層の厚さから、仕方のないことだが、小島の球をしっかり対応していた小林のもう一打席が見たかったのが本音である。

巨人の捕手は現在ベンチに、大城、炭谷、岸田、小林という三人体制が敷かれている。レギュラーを再奪取するのはかなり難しいだろう。

ロッテは現在正捕手田村の不在からキャッチャー状況に悩んでいる。もしかしたら小林をアピールさせ、ロッテから誰か選手をもらうためにこの試合に起用したのかもしれない。(妄想)

ロッテはキャッチャーの二枚目に悩む。
柿沼 打率.152(33-5)
佐藤 打率.170(53-9)

小林の方が打ちそう。守備は勝ってる。

小林はセリーグにはいかせたくない!

まとめ

小林の待遇は良いとは言えないだろう。しかし彼のポテンシャルはこんなものではない。

これをきっかけにかつて世界の小林と言われた輝きを取り戻してほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました