今なら【AmazonPrime学生版】30日→6か月間の無料体験から

【シーズン中よりもキツい】独立リーガーのオフシーズン




独立リーグ

独立リーガーはシーズンオフ中にはどんなことをするのか?アルバイトだけだと思っていたら大間違いです。独立リーグで野球をやるか考えている人必見!

独立リーグの1年間のスケジュール

two baseball player trading cards

ここでは独立リーグの大まかなスケジュールを振り返ります。

2月〜3月 キャンプ

独立リーガーは、キャンプがあります。ここのキャンプから本格的なレギュラー争い始まりです。

そのキャンプ費は自費で10万円以上かかります。

そのためオフシーズンは資金を貯めるためにアルバイトをする必要があるのです。

3月〜9月 リーグ戦開幕

この実働約半年間は、給与が出ます!

ただし、給与は、球団や選手によってまちまちで、

10〜40万

独立リーグ公式サイトより

とされており、基本的に高卒や大卒の選手は約10万円程が給与だと考えてもらっていいでしょう。

決して多くはないのが現状のようです。

絶対プロになってやる🔥

9月〜1月 オフシーズン

ここが無給のシーズン開幕です。

順当に勝ち進み、プレーオフまで行けば9月も満額出るかもしれません。

しかしどこのチームも9月中旬にはシーズンの最終戦があるので、そこからは無給のシーズンとなります。

アルバイトするぞ!

シーズンオフなにする?

シーズンオフ独立リーガーがすることは以下3点です。

  • 野球の練習
  • アルバイト
  • 地域貢献

以上です。1つずつ詳しく見ていきます。

野球の練習

野球の練習は、全体練習はほぼないので、主に自主練に取り組みます。

来シーズンに向けて体作りや、課題克服に取り組む選手がほとんどです。

独立リーガーたるものは、全員がプロ野球選手を目指しています。

日々成長し、少しでも夢の実現に向けて野球を上手くなる必要があります。

練習することは当たり前ではあります。

独立リーガーは野球が仕事のようなものです!上達あるのみ…

アルバイト

ウェイトレス、ウェイター、バリスタ、スタッフ、レストラン、カフェ

アルバイトをしないといけません。

アルバイトの目的

  • キャンプ代
  • お小遣い
  • 生活費や家賃

四国アイランドリーグの選手や九州独立リーグの選手は元々暖かい気候にあるため、キャンプを行うために温暖な地に行く必要はありません。

しかし、BCリーグの球団の多くは冬や春はまだ雪が積もり、とても寒く練習どころではないので、キャンプに行きます。そのため

キャンプ費用としてお金を貯める必要があります。

キャンプ費用は自費である場合がほとんどです。

独立リーグの球団はリーグ全体でみたら、赤字なので、選手のためにキャンプ費用を賄うことはできません。

また親からの仕送りがない選手は、アルバイトで生活費を捻出しないといけません。

大体の選手は帰省します。ただし、帰省できない選手もいます。

それが

地域貢献

の存在です。詳しく解説します。

地域貢献とは

阿波市から全面的協力を受けている徳島インディゴソックス。阿波市と様々な取り組みを協力して行っている
地域貢献の一環としてオフシーズンに取り組んでいる1つに挨拶運動がある。小学生の登校時間は朝早い。
野球教室はオフシーズンどこの球団も行う恒例行事の1つ。

独立リーグのオフシーズンでの取り組みの一部を紹介させてもらいました。

大変失礼なことをいいますが、 私がオフシーズンがキツいという理由です。

独立リーグは赤字経営してるチームが半分以上あります。

ほとんどの球団は後援会を立ち上げて、資金を援助してもらっているのが現状です。

地域の方や企業から支えてもらい、なんとか黒字経営している球団もあるくらいです。

後援会に資金投入してくれる球団や県、市に貢献しないといけません。

それがオフシーズンに行う地域貢献です。

地域貢献なにするの?

  • 小中学校の挨拶運動
  • 地域のイベントの参加
  • スポンサー企業の広告、宣伝

このくらいはマストにあると考えた方がいいです。

一方でこのような活動がない球団はラッキーと思うかもしれませんが、それだけ応援されてない球団となります。

下手するとシーズン中、給与が払えない球団に当たるかもしれません。

このような活動がある球団は大変かもしれませんが、それだけ応援してもらってる(お金が集まっている)球団ですので、お金面の心配はないのかもしれませんね。

まとめ

本当に都合のいい球団はない

独立リーグは、野球する環境は整い、プロ野球を目指していける環境ではあります。

ただし、多くの企業や人から支えてもらっている事実があります。

彼らに感謝の気持ちを伝える一環として、シーズンオフには地域貢献やスポンサーの広告や宣伝を行うことによって恩返ししているのです。

独立リーグで野球をやるか考えている選手の参考になったら幸いです。

それではまた✋

コメント

タイトルとURLをコピーしました