今なら【AmazonPrime学生版】30日→6か月間の無料体験から

【おすすめ】理想の型を作れるグラブ叩き棒発見

おすすめ商品

グローブを買った際には必ず1本持っておきたいグラブ叩き棒。野球初心者もプレーが長い人も絶対この1本は持っておきたい優れものを紹介したいと思います。

おすすめグラブ叩き棒

この仕上げハンマーがこれまで使ってきたグラブ叩き棒の中で一番使いやすいです。

全世代の野球少年から野球選手までおすすめできる商品です。

この仕上げハンマーのメリット、良かった点を紹介していきます。

UNIXグラブ叩き棒のココが良かった!

おすすめポイント

  • ノーストレスで叩くことができる

この棒はノーストレスでグラブの型作りに取り組むことができます。ノーストレスで取り組める理由は

  • 叩きやすい
  • 理想の型を作れる
  • 軽い力で強く叩ける

この3点が挙げられます。1つずつ解説していきます。

叩きやすい

たたきにくいグラブ叩き棒の形

グラブを叩きやすいハンマー型の設計

ボールのポケットを作りたいところにボールと同じ形をしている木で叩くことができます。

よくバットのような形のグラブ叩き棒(上の写真)を見ますがあれだと短く感じたりポケットを作りたいところ(叩きたいところ)に叩くことが難しいです。そのため理想のグラブの型からは遠のいてしまうかもしれません。

しかし円形上のハンマーだと叩きたいところに叩くことができます。またハンマーもボールとほぼ同じ大きさです。叩きやすい上に叩きたいところをピンポイントで叩くことができます。

理想の型を作ることができる

叩きたいところをピンポイントで

叩きたいところをピンポイントに叩くことによって理想のグラブの型作りに繋がります。

ポケットにしたいところを叩くことによってそこにポケットができて捕球できるようになります。つまりポケットにしたいところに100%叩くことができるこのグラブ叩き棒は理想の型を作ることにつながるのです。

軽い力で強く叩ける

毎日の習慣に変わる

軽い力で強く叩けるのは凄くメリットがあります。毎日叩く気持ちになります。つまりグラブを叩くことが苦になりません。しかも日に日に理想の型に近づいていきますからね。

形も金棒のような形ではなく、細い木(持ちやすい)に先端に円形の木状のものがあります。ちなみにすこし木状の円形物は重心があり、重たい作りになっています。

野球のバットを持つように長めに持ってもらい、遠心力の力で叩くことができます。またその一方であえて短く持ってもらい叩きたいところをピンポイントで叩くことも可能です。

あなたに合った使い方をしてみてください!

本当におすすめのグラブ叩き棒

私も以前はこのグラブ叩き棒とは違うものでグラブを叩いていました。

しかし、高校時代の寮生活でこのタイプのものを使っている後輩に借りてこれを使ったとたんに本当に気に入りました。

叩きやすい
理想の型を作れる
軽い力で強く叩ける

グラブ叩き棒でグラブは本当に変わります。

グラブを理想の型にするメリット

  • エラーが減る
  • 握り替えミスが減る
  • 守備が上手くなりぐんぐん上達する

グラブを理想の型にするメリットを書かせていただきましたが、

エラーが減ります。

やはり捕球するポケットが安定することによって脳がイメージしている捕球箇所実際の捕球箇所が一致します。感覚で行っている捕球に違和感が無くなり常にイメージ通りの捕球ができているということになるからです。

握り替えミスも減ります。

捕球している箇所が常に安定することによって握り替えミスが減り常に一発でボールで投げることができます。

取る位置が安定し、握り替えもうまくなります。このことからあなたは守備に自信がうまれ、ぐんぐんと守備を上達することにつながることでしょう。

まとめ

今回はおすすめのグラブ叩き棒の紹介をさせていただきました。いかがだったでしょうか。

グラブの型作りは投手、野手関係なく投球動作や守備にも直接かかわってくる重要な項目です。

この記事が参考になり少しでも多くの球児が自分の理想のグローブの型作りに近づけたら幸いです。

それではまた👋

コメント

タイトルとURLをコピーしました