今なら【AmazonPrime学生版】30日→6か月間の無料体験から

【ロープバット】使い方と効果は?メリットについても解説




おすすめ商品

ロープバットが発売されました。ロープバットが野球選手にとってどのようなプラスの影響を及ぼすのかなかなかわかりずらいと思います。今回はロープらバットについてどのようにすればいい効果が望めるのが解説して行きたいと思います。

ロープバットとは

ロープバットスロー動画もついています。

ロープバットとはその名の通りロープ状(ひも状)のバットで打撃練習の際に利用します。

〇〇選手やアメリカの選手たちが利用し始めて今注目を浴びている練習用バットの1つです。

専用のボール付きです!!

ロープバットのメリット

  • インサイドアウトが身に付く
  • 手打ちの改善
  • 力が伝わる打ち方が身に付く

この3点が効果として挙げられます。1つずつ解説していきます。

インサイドアウトが身に付く

ロープバットは体の内側を通してスイングしなければボールを捉えきれません。

そのためインサイドアウトのスイングが身に付きます。

また動画を見ればわかるようにグリップ主導のスイングでなければ、ボールを正しく捉えることができないこともわかると思います。

ロープバットを使って置きティーする選手でボールを正しく捉えることができない選手は以下の原因が考えられます

  • ダウンスイングになっている
  • レベルスイングができていない
  • グリップ主導のスイングできていない
  • アウトサイドインのスイングになっている

ロープバットはレベルスイング(インサイドアウト)を身につけたスイングであれば、ロープが伸びてしっかりとらえることができます。またグリップ主導であることも大切です。

グリップからバットが出てこない選手は、苦労することでしょう。

スイングが何かと悪癖がある選手はきれいに捉えることができないのです。ロープバットを使うことで、ドアスイング、ダウンスイングか改善出来て、ボールに対しての空振りやミスショットが減ることが期待されます。

手打ちの改善

ロープバットは手だけでは打ちに行けません。

手だけで打とうとするとロープが全く機能せずにボールを捉えることが不可能でしょう。

そのためロープバットでボールを打つためにはどうすればいいか考え、スイングすることで手打ちが必然的に改善することができるのです。

ロープバットで手打ちを改善するにはどうすればよいのでしょうか。それは体の内側を通したレベルスイングしか他なりません。

ロープバットで綺麗に打てることは、グリップ主導でありながら、インサイドアウトのできた綺麗なレベルスイングができていることの証明にもなるのです。

力の伝わる打ち方が身に付く

ロープバットに真剣に取り組むことで、力の伝わる打ち方が身に付きます。

少し専門的な話になるのですが、

ロープバットではただのレベルスイングが身に付くのではなく、バットを最も効率的に使った力が伝わるスイングが身に付くことができると言い換えることができます。

なぜかというとロープバットはバットが一番しなっている状態【スイングで生まれた力(しなり)の結果伸び切っている状態】で捉えるからです。

よく木製バットではバットが一番しなっている状態で打つことや逆しなり(しなりの力が最大限生かせているから生まれる最もボール飛ぶバットの状態のことを言う)が大事だと言われています。

ロープバットで一番しなっている状態や綺麗に捉えられている状態というのは、木製バットでいうバットのしなりも活用したスイングであってミートポイントで捉えているということになります。

つまり、しなりを生かせた最高のスイングができている状態なのです。

ロープバットを活用することでバットの持つしなりの効果を最大限に生かしたスイングが身に付き、その結果レベルスイングの習得と言った形になるのです。

置きティーも幅広く練習で役立てることができます!

まとめ

今回はロープバットについて効果やメリットについて解説させていただきましたいかがだったでしょうか。

ロープバットは日本人よりもアメリカの方で積極的に使われている野球ギアです。情報量はまだ少ないのですが少しでも多くの球児に届きこの記事が参考になったら幸いです。 それではまた👋

コメント

タイトルとURLをコピーしました