今なら【AmazonPrime学生版】30日→6か月間の無料体験から

【新常識】バッティングは手首を返さない!その理由とメリットとは




野球を語る

バッティングは手首を返さないほうが良いという理論が最近広まってきています。その理由はなぜなのか。わかりやすく解説します。

メジャー理論手首を返さない

手首が最後まで返さないため最後までボールを選球できる坂本選手。

メジャーでは手首を返さない意識で打つことが流行しています。

それは、手首を返さないことで最後まで選球できることや自然とパームアップのスイングが身につくことが挙げられます。

最後まで手首が返らないことで、ボール球を振らないことや打球を強く遠くに飛ばすことに良い効果があるのです。

手首を返さないスイングのメリット

手首を返さないメリットは以下の3点です。

  • コネないスイング
  • インコースが打てる
  • 変化球でバットが止まる

1つずつ解説していきます。

コネないスイング

コネるスイングをする打者の特徴

  • ドアスイング
  • ひっかけた打球が多い
  • 変化球にバットが止まらない

右打者=サードゴロ、ショートゴロが多い。
左打者=セカンドゴロ、ファーストゴロが多い。

コネているとスイングに悪影響を与えます。

コネないようにすることは=手首を最後まで返さない意識をもってスイングすることです。

このような意識を持ち、最後まで手首を返さないようにスイングができれば、

  • ひっかけた打球の減少
  • 変化球にバットが止まる

このように結果が改善されることでしょう。

インコースが打てる

手首を返さない意識があれば、インコースの球を対応できるようになります。

それは手首を返さないことでバットが内側から出るようになるからです。

インコースの球は速くなればなるほど対応が難しくなります。

最後まで手首を返さないスイングができればファールで逃げることができたり、タイミングが合えば長打にもできることが可能になります。

手首を返さない意識は打撃の幅を広げてくれます。

プロ野球でインコースをセンター前に運ぶ打者がいます。そのような打撃が手首を返さないお手本のいい例です。

変化球でバットが止まる

手首を返さない打者は、インサイドアウトのスイングが行いやすく変化球でバットが止まりやすくなります。

変化球にバットが止まる理由

  • 手首が返っておらず、スイングを止めれるから
  • 内側からバットが出るため、ギリギリまでひきつけることができる点

ボールを見る時間(判断時間)が長い

ボール球にバットが止まることは、素晴らしい打者の証拠です。

打者優位のカウントにもっていくことができ、甘いボールが来やすくなります。

また、ヒットになりにくいボール球を振る機会が減り、ヒットになりやすいストライクのボールに対してアプローチができます。

道具を使って手首の返しを修正できる?

手首を返さない指揮をもって練習することももちろん可能ですが、道具を使うことによりより簡単にイメージできたり効率よく習得することができるでしょう。

バレルバット

バレルバットはツチノコ型のバットで、多くのプロ野球選手も利用しています。

インサイドアウトのスイングするためのアイテムです。

重石がグリップ側にあることにより体の内側からバットが出ることや最後まで手首が返さないようにスイングすることができます。

詳しくはこちらをご覧ください。

バレルバットの記事をもっと見る

シークエンスバット

シークエンスバットは手首のコネるスイングを徹底的に取り除くことができる野球アイテムです。

持ち手が2つあることにより、

  • 手首の返しがわかる
  • 内からバットが出る
  • 肘を抜いて打つ感覚がわかる

ことがメリットしてあげられます。詳しくはこの記事をご覧ください。

シークエンスバットの記事をもっと見る

まとめ

  • コネないスイング
  • インコースが打てる
  • 変化球でバットが止まる

手首を返さないスイングは今後野球界にとって当たり前の野球理論になるかもしれません。

そのくらい効果があり、多くの良さが見えます。

少しでも参考になったり、上手くなるヒントになったら幸いです。

それではまた👋

コメント

タイトルとURLをコピーしました