今なら【AmazonPrime学生版】30日→6か月間の無料体験から

板グラブで守備が上手くなる?!メリットや効果についてまとめ




おすすめ商品

プロ野球選手も、多く使う板グローブ。板のような形状が特徴で練習で使うことで様々な効果が期待できます。そんな板グラブのおすすめも、紹介します。

板グラブとは

野球をしている男

板グラブとは、プロ野球選手、アマチュアを問わず多くの人が利用する守備力向上のために使われる野球アイテムの一つです。

オフシーズンやシーズン中でも使われる野球ギアです。

本物のグローブとの違い

本物のグローブと板グローブの違いについて解説していきます。

本物グラブと板グラブの違い

  • 取り方
  • 使う目的

この3点が大きく異なります。

本物グラブはボールを包み込むような形状をしているのに対し、板グラブは板のように平らな形状をしています。

取り方

本物グラブは片手でもボールをキャッチできるのに対し、板グラブは必ず両手を添える必要があります。そこが大きな違いになります。

使う目的

本物のグローブは試合や練習で使い、アウトにするための道具ですが、板グラブは練習専用のグローブです。

練習試合では使っても大丈夫かもしれませんが、エラーしてしまう可能性が高くなるでしょう。

練習用として、上手くなるために使っていきましょう。

板グラブを使うメリットと効果

板グラブを使うことで様々なメリットや効果が期待されます。

板グラブを使って得られる効果、メリット

  • 握り返えが速くなる
  • ゴロを芯で捕球できるようになる
  • グラブが下から出せるようになる

この3点が大きな効果であり、メリットですり1つずつ解説していきます。

握り返えが速くなる

板グラブを使うことで、握り方が速くなります。

その理由は、常にボールを片方の手で添えて取るクセが付くからです。

片方の手を添えて取ることで握り換えが速くなります。

またその際ボールとぶつからないように右から入るクセもつけるとより握り返えがスムーズになることでしょう。

ゴロを芯で捕球できるようになる

板グラブは小さくポケットが無いため、芯で取らなければボールを弾いてしまいます。

そのため、ボールを常に同じところで取るクセがつきます。

その場所は最も取りやすい芯です。グラブの芯で取るクセがつくことでしょう。

同じ場所でボールを取るクセを付けることで一発で握り替えができないことが減ります。

つまり一発でボールを投げられるようになることでしょう。

また捕球ミス(エラー)も減る効果もあるので現在ボールを取る位置がバラバラな人にはより高い効果が期待できます。

豆知識

『ボールをどこで取っているのか知る方法』

ボールを捕球した後に、グローブを見てみてください。だいたい白く小さな跡になっている場所が捕球した場所です。それは、キャッチボールやノックなどでボールを捕球した後に確認できます。自分がどこでボールをキャッチしているのか常に確認してみましょう!

グラブを下から出せるようになる

板グラブの特徴として、小さいという特徴があります。

まるで円形のせんべい🍘みたいな形をしているので、グラブを上から取るクセ(虫取り)のようなゴロ捕球をする人には効果があるでしょう。

グラブを下から出せるようになるとエラーが圧倒的に減ります。

上から下にグラブを出すより、常に下から上にグラブを持ってくる方がグラブの面がボールに向いてる時間が長く、イレギュラーにも反応しやすいメリットがあるからです。

また、下から上にグラブを使うことでその反動を使ってスムーズに送球に移ることも可能です。

グラブを下から上に使えることはエラーがへることや、送球にも繋げやすくメリットが多くあります。

上からグラブが出てるとコーチや監督から指摘される人はぜひ試しててもらいたい商品の一つです。

多くのプロ野球選手も利用

多くのプロ野球選手がオフシーズンやシーズン中にも練習で使用しています。

おそらく良い効果があるから利用しているのかもしれません。

全員が使っているわけでは無いですが、ちょっとしたあなたの守備が向上するきっかけになると私は幸いです。

板グラブ口コミ

板グラブを使うのは守備の基礎が身に付くことや、送球までの動きをスムーズにするために役立つということがわかります。

また取る位置を安定させることも板グラブを使うメリットだということがを口コミの中でわかります。

板グラブおすすめ

おすすめの板グラブ

  • SKLZ (スキルズ)
  • ローリングス トレーニング用 グローブ
  •  久保田スラッガー トレーニンググラブ 

SKLZ (スキルズ) のトレーニング用グローブの特徴はとにかく安い所です。革では出来ていないため、少し耐久性が悪いというデメリットもあります。一方で軟式野球をやられている人や息子さんがまだ小さく遊び感覚で野球をやられている方にはオススメの野球商品です。

ローリングスの板グラブは革がしっかりしている所です。本格的な板グラブで、ゴロは両手を添えないと取る事ができません。値段が少し高めな所がデメリットですが、その分長持ちしますし、当分変え変えることはないでしょう。

スラッガーのトレーニンググローブは最もおススメです。通称パンケーキ。その理由はローリングスのグローブより安価であることに加え、スラッガー自体が当て取りのグローブを作るのが上手いからです。個人的にはスラッガーのグローブは好きだったので買うならこっちですが、ローリングスが好きな人や円形が好きな人はそちらを買うことことでしょう。スラッガー好きやより小さめのグラブを選ぶならこっちを選ぶのをおススメします。

まとめ

いかがだったでしょうか。

板グラブのメリットについて体験談を元に解説しました。

板グラブについて少しでも興味が湧いたり、上手くなるヒントになったら幸いです。

野球をうまくなるために頑張ってください!それではまた👋

コメント

タイトルとURLをコピーしました