今なら【AmazonPrime学生版】30日→6か月間の無料体験から

【硬式か軟式か】中学野球の選択はどちらがベストか?




少年野球

中学に進むにあたって、硬式野球をするのか、軟式野球をするのかとても悩むと思います。軟式野球と硬式野球どちらをやるべきか同級生にプロがいる私が解説します。

結論

野球、ボール、スポーツ、革、白いボール、ステッチ

初めに結論を言わせていただきますと、

レベルが高く、監督の高校へのパイプがあるチームに入るべき

ということです。つまり、軟式、硬式は問いません。

なぜレベルが高くパイプのあるチームを選ぶべきなのか

その理由について解説していきます。

レベルの高いチームを選ぶべき理由

まず初めにレベルの高いチームの定義をします。

ここでは、

そのチームを見る限り、自分が最上級生の時、頑張れば、レギュラーになれそうなチーム

このようなチームに入るべき理由は、

  • 競争の中で成長する
  • レギュラーで経験が積める
  • レギュラーの方がスカウトに見てもらえる

以上の3点です。1つずつ解説していきます。

競争の中で成長する

頑張れば、試合に出れそうなチームは、頑張らないと試合に出られません。

つまりライバルは、自分に似ているもしくは自分より上の選手がいるということです。

試合に出ようと思えば、ライバルより

  • 練習
  • 努力
  • 結果

が求められるのです。ここでのミソは、頑張れば勝てるということです。

あからさま、自分より遥かにレベルが高いチームを選ぶと本当にほとんど試合に出られず終わってしまう可能性が高いです。

超強豪より、努力次第ででれそうな少し強いチームなどに入ることをお勧めします。

レギュラーで経験が積める

中学時代の野球は、今後野球を続けるにあたって大きな経験と財産になります。

この期間試合にでられないとなると今後に大きなマイナスであることは間違いありません。

練習での経験より、試合でしか感じられない

  • 緊張感
  • プレッシャー

が必ずあります。

息の長い野球人生を送るためにもそのチームでレギュラーで試合に出て試合でしか得られない経験や、”試合勘”を鍛えていくことが重要なのです。

レギュラーの方がスカウトに見てもらえる

あなたは高校野球を見に行って控えの選手に熱視線を送りますか?

控えの選手の親御さん以外送らないと思います。

このように控え選手をみにくるスカウトはいません。

ましては中学生に対してです。もっと見ないです。

逆に言うと、レギュラーで試合に出ているとスカウトがいれば必ず目にします。

相手が注目選手であり、その選手から打ったり抑えたりすることで逆に注目されるかもしれません。

このようにレギュラーで出ていることは、スカウトの目に留まるチャンスを高めることができるのです。

野球で、強豪校や名門校に進学できる可能性が上がるでしょう。

高校にパイプを持っているチームを選ぶべき

高校にパイプのあるチームを選んでください!

その方が野球を頑張ることで、野球で報われます。

軟式野球チーム、硬式野球チームどちらにしろ進路実績が強いチームは強いです。

中体連(中学の部活)でも有名な先生ならいい進路先を持っているのも珍しくありません。

野球のパイプを持っている監督は、

  • 選手を育てるのが上手い
  • 教え子がその高校で活躍している
  • 監督自身も名門の出身でありその繋がりがある

など様々な実績や自身の経験から作られているものです。

賛否両論ありますが、このような裏口は積極的に使っていくべきで、名門校にいくためにそのチームを選ぶというのも良い選択だと私は考えます。

とはいえ野球だけが全てでは無い

野球だけやっていても良いわけではありません。怪我をしたり、野球に限界を感じることもあるからです。

その時のために勉強をすることも必要です。

ただ、思い切り野球をできるのも、学生の間だけの人がほとんどなので、思い切り野球を楽しんでもらたいと思うのが親の本望なのでは無いでしょうか?

まとめ

レベルが高く、監督の高校へのパイプがあるチームに入るべき

これが私が考える軟式か硬式か問題の答えです。

中学野球は、めちゃくちゃ大事です。

今後の野球人生を大きく左右することでしょう。

少しでも参考になったり、よい進路選択のアドバイスができたら幸いです。

それではまた👋

コメント

タイトルとURLをコピーしました